« 浴槽 断熱 diy | トップページ | マンションリフォーム 挨拶 手土産 »

2018年4月 3日 (火)

荷造りのポイント

引越しの荷造りについて紹介したいと思います。引越しの荷造りのポイントとして梱包方法に気をつけましょう。最近では引越し業者に梱包まで頼む人も多くなっていますが、自分で引越しの梱包作業を行う場合には、色々なポイントがそれぞれのものによってありますから、それについてご紹介しますと、例えば食器などの割れ物を梱包する場合に、引越し業者と一緒に行う場合には割れ物は出来れば引越し業者任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包にはコツがありますからそれにふさわしい梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら知っていると思います。もしも食器の梱包を自分でするなら割れないように十分に注意して梱包をしましょう。引越しの荷物には手持ちにしたほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったら自分の宝物や貴重品などは自分で持って行くべき荷物になります。例えば高い宝石や預金通帳、実印や株券、もちろん現金もそうです有価証券や権利書なども手持ちで引越し業者に頼まないほうが安心です。荷物を運び込んだ後のためにも中に何が入っているかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、また、どの辺に運び込んでおくのか書いておくと運び込んだ後で荷物を整理するのに便利です。
引越のえころじこんぽってしってます?引越しの種類に日通のえころじこんぽという商品があったようにおもいますが、えころじこんぽという引越しのプランでは、環境に優しい梱包方法を利用してやってくれる引越の方法になります。例としては引越で使用したダンボールやガムテープは引越の作業が終わったら使い道はありませんから環境に優しくありません。でも、引越しのえころじこんぽですとテレビ、タンスといった大きめの荷物は梱包に毛布を使います。食器類は、紙などをクッション材として使わず、食器トランクといった割れ物専用の運搬用のボックスがあります。洋服を梱包するのもダンボールを使用するわけではなくハンバーにかけて衣類を運搬できるようなハンガーボックスというものが用意されていますので、ダンボールを使って梱包しません。さらに、えころじこんぽは、荷造りの作業に関してもすべてスタッフが行ってくれますし、それにゴミになってしまうような荷造りのための材料を使わない方法ですからまさにエコロジーといえます。梱包資材を使わない分、コストダウンにもなっているようです。そういうこともあるので、日通のえころじこんぽは、家族の引越しにもピッタリな引越のサービスで、特に赤ちゃんなどがいてなかなか準備ができない場合にも優しい引越のプランということができるのではないでしょうか。
引越しの手続きもたくさんあるので、まいってしまいます。また役所に届け出る引越しの手続き以外にも例えば、契約をしている新聞があったらまた、金融機関などのすべての住所変更などもその他にも、保険もあります。住所変更の手続きなどをすることを忘れてはいけません。一口に、保険と言っても、生命保険、自動車保険ですが、その他にも、養老保険とか、学資保険とか契約をしている人は、それらも、住所変更の手続きが必要なので忘れないようにしておきましょう。引越しの手続きでは、郵便局への連絡も大切です。郵便局に行くと用紙がありますので、転居届を出しておくと、今までの住所宛に郵便物が送られてきた場合には、自動的に新しい住所に、配達をしてくれるようにしてくれますので、これは、必ずしておかなければいけませんね。また携帯電話なども引越しの手続きが必要ですし、インターネットの回線も早めに移転の手続きをしておくことで、新居に入居をしてすぐにインターネットが使えるようになります。
長崎 岡山 引越し

« 浴槽 断熱 diy | トップページ | マンションリフォーム 挨拶 手土産 »